世界名作劇場 ペリーヌ物語MINIサイト:トップページ

世界名作劇場.net 小公女セーラ研究サイト

世界名作劇場.net ペリーヌ物語 MINIサイト

URL http://alittleprincesssara.web.fc2.com/perrine/

gu7688.png

語り継ぎたい名作アニメ…

HOME

このホームページは
世界名作劇場.net 小公女セーラ研究サイトの姉妹サイトです。

678897 - コピー.jpg

「ペリーヌ物語」は、1978年1月~12月に、フジテレビ系列の世界名作劇場(カルピスファミリー劇場)で放映されました。数ある名劇アニメの中でも最長の、全53話から成る長編大作です。

物語では、まだ見ぬ祖父の元を目指す主人公ペリーヌさんの旅路が、道中での様々な出来事や人間模様とともに描かれます。原作はフランス人作家エクトル・マロさんの

『En Famille』(1893年発表)

ですが、前半部分はアニメオリジナルの内容で、「小公女セーラ」と並んで世界名作劇場の代表作の一つと言えます。そこでこのサイトでは、主に両作品の比較を通して、その魅力や特色にスポットを当ててみたいと思います。

無題.png

2つの作品を比べると見えてくる、多くの類似点。

健気な少女・父の死・インド・2カ国語・雪の日の復活etc・・・ 

それらを掘り下げてみると、その先には何があるのでしょうか。

※小公女の対立軸としてのペリーヌ物語、という視点が、このサイトの主眼です。従って、ペリーヌ物語の総評は、必ずしも含まないことを、あらかじめご了承ください。

お話の舞台は、ボスニアからフランスのマロクールに至る旅路。1878年3月~翌1879年3月までの、約1年間を描きます。場面設定は、
 ◎前半(フランスへと向かう長旅編)
 ◎後半(マロクールでの生活編)
に大別されます。全く異なる二つの場面を、ひとつの物語として融合させたそのロングストーリーは、世界名作劇場の中でも屈指の傑作と評価できるでしょう。


まだ春浅い、バルカン半島のボスニアから、イタリア・スイスを経て、目指すは遥かフランスの地。その途上、ペリーヌさんは両親を相次いで亡くしますが、強く優しい心とバロン君を友に、少女の旅路は続きます。そして今日もひとり、旅の空の下…


たゆまぬ努力と強運、そして人々の厚意にも助けられ、遂に踏んだフランス・マロクールの地。しかし、そこに立ちはだかる厳しい現実を前に、ペリーヌさんの新たな旅が始まります。愛と真実を信じる健気な少女のもとに、幸せは訪れるのでしょうか…

ページトップへ

このサイトは、以下のブラウザでの正常表示を一応確認しています。
br.jpg

shadow_gry_Right.png 姉妹サイト

世界名作劇場サイトです

おおよそ上に同じ

shadow_gry_Right.png LINK SITES

f7nbvv無題.png
はいじま様のサイト

g64lllgdf無題.png
heidi2007様のサイト

hjhkl.png
水原様のサイト

nbhjy.png
丘田様のサイト

n789無題 (2) - コピー.png
らむだす様のサイト

v5無題.png
3chan様のサイト

ufrdtjjk.png
SAKAI YUME様のサイト

shadow_gry_Right.png TRANSLATION by Google

oi00l - コピー.png
PerrineとSaraの共演
飛行士Sara
~戦場に咲く小さな花~

=MAIN MENU=

inserted by FC2 system