世界名作劇場.net 小公女セーラ研究サイト:屋根裏の空

世界名作劇場.net 小公女セーラ研究サイト
kttl.png

URL http://alittleprincesssara.web.fc2.com/

 世界名作劇場『小公女セーラ』

HOME > 屋根裏の空
小さな花、セーラ・クルーさんが儚く揺れるロンドンの街。
『小公女セーラ』では、物語の展開する舞台は、学院を中心に僅か数キロ四方の狭い範囲に限られます。
長大な旅物語である『ペリーヌ物語』などとは極めて対照的な構成ですが、
この限定された舞台装置こそが、小公女の”濃い”世界を醸し出している、とも言えるでしょう。

bxzs - コピー.png

~学院メイドのセーラさんにとって、屋根裏の出窓は、唯一心静かに外界と向き合える場所でした~

屋根裏からの眺めを始め、セーラさんの心象風景とも言えるロンドンの眺望。喜びの青空、不安な雨模様、苦しみの木枯らし、そして悲しみの雪景色・・・

そこでこのページでは、そんなストーリーを随所で支える背景画について、見てゆきたいと思います。

i87u - コピー.png
屋根裏部屋からの景色。まだ明けきらぬ、学院周辺の眺めです。こんな時間から、セーラさんは起き出さなくてはなりません。

無題ygu - コピー.png
弱い朝日を浴びて輝く、いつもの景色。希望に満ちた朝の風景が、少しでもセーラさんの心を癒してくれることを願うばかりです。

ggbv.png
ロンドンの雪景色。父との別れの日・あてどなく歩くマッチ売り・・・小公女では、雪の場面は否応なく悲しみを思い起こさせます。

gf.png
やがて訪れる、急展開。その日もロンドンは雪模様でした・・・

jju - コピー.png
EDテーマに使われた画像。美しい街並みですが、どことなく悲哀を感じるのはなぜでしょうか。

jjcvdg.png
冷たい雨に煙る午後の街並み。無理な買い物に出されて行き惑う、セーラさんの姿が浮かびます。

uihjghty.png
降りしきる雨・迫る夕闇・・・雨に打たれて虚しい努力を続けるセーラさん・・・

uihv.png
無人の市場。雨音だけが響きます。

dfdyr.png
夏の青空の下、ベッキーさんも去り、ひとりロンドンに残るセーラさん。

78fo.png
夕陽のシーンも、印象的です。

2sa無題.png
今日も学院に日は暮れて・・・

ページトップへ

このサイトは、以下のブラウザでの正常表示を一応確認しています。
br.jpg

inserted by FC2 system